祈りに近きもの

2014年12月18日

a1ac444f.jpg
59aac5d1.jpg
多摩美術大学美術館で開催中の

「祈りの道へ (四国遍路と土佐のほとけ)」
(四国霊場開創1200年記念)

を観てきました

最初から下世話な話で恐縮ですが
まず入場料が300円ととんでもなく安い
展示されている仏像はすべて目の前で
鑑賞でき、展示物も素晴らしいものばかり
これには驚き感心し主催者の方々には
まず最初にお礼を申し上げます

さて、
奈良、京都にある仏像とは違っていて
展示されていた仏像は土佐の人びとの
暮らしのそばにあったものだという印象を
強く覚えました

印象に残った仏像を二三あげてみると、
例えば、

ばらばらの状態で見つかり修復された
「木造大日如来坐像」(笹野大日堂)
の美しさには圧倒されてしまいます

明治時代に入り廃仏毀釈で壊されながら
棄てられるのをなんとかまぬがれた
「如来形坐像」(歓喜寺)
にも慈愛溢れる存在感があります
(壊れているいないは仏像の価値と関係なし)

腐食が進み手足も判別できないながら
丸くてツルツル輝いている
「金林寺古仏群」
には当時の人々の篤い願いや祈りを
今も彷彿させるものがあります

今回の展示会の主催者の一人である
青木淳氏の講演も興味深く聴きました

33歳のとき(今から15年前)に高知に
就職した仏像の腹蔵物研究家だった
青木さんは土佐で出会った仏像に
ショックを受け感動し、研究に没頭して
いくようになったそうです

二時間の講演の間も穏やかながら
秘められた熱い情熱が優しい人柄と
ユーモアとともに伝わってきました

地元の同年代の副住職らと毎晩のように
酒を飲み、語りあかし、修業ならぬ酒行に
専念した末に実現した展示会のおかげで
私も土佐の仏様と四国遍路が一気に
身近な存在となりました

ありがとうございます

合掌


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

講演で印象に残った青木さんの言葉です

「 (文化)様式は人が(現地)に来て
  感銘して、それから繋がっていく。
  モノしか見ないのでは(文化様式)は
  決して伝わるものではない。
  「人から人にこそ文化は伝わるんだ」
  と私は土佐に学んだ気がします。 」


2014年12月10日

7472a0e5.jpg「自未得先度他」(じみとくせんどた)


道元禅師の言葉です


他(ひと)に先んじて自らが悟りを得
救われる前に、他(ひと)が救われるよう
浄土に度(わた)れるように行動せよ

というような意味だろうと思います

何かと言えば人を蹴散らし押しのけて
我先に我先にと自分のことばかりを
考えてしまう私のような凡愚への
戒めの言葉でもあります

私達がときに耳にする

“お先にどうぞ”

英語で言えば“After you”

フランス語の“Apres vous”(アプレヴ)

などという言葉には話している本人さえ
気づかない優しい思い深い願いが
ひそんでいまます

これらの言葉を聴くたびに私は
道元禅師の言葉を思い出して
背筋を伸ばします


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

蛇足:

八百屋の店先に
山のようにつまれた大根たち

見方によれば、
この大根たちもわが身を捨てて、私達に
“どうぞお先に(食べてお幸せに)”
と声をかけてくれているようにも思えます


2014年12月08日

94719dde.jpg「 また、舎利弗よ
  かの佛に無量無辺の
  声聞弟子あり
  みな、阿羅漢にして、これ算数の
  よく知る所にあらず
  もろもろの菩薩衆も、また、
  かくのごとし
  舎利弗よ、かの佛の国土には、
  かくのごときの功徳荘厳を成就せり 」

          (『阿弥陀経』より)



縁あって杉並区下高井戸にある
浄土宗の本應寺という寺を訪ねて
随譽品愚上人による仏典講座
(阿弥陀経を味わう)を聴いて参りました

じっくり一時間をかけての講座は
ご自身の体験も語りながら経の一字一句に
込められた意味や功徳を懇切丁寧に
説かれる内容で感銘を覚えました

今回は“声聞”の功徳について掘り下げた
話をなさっていて一つ一つの言葉が
珠玉のように私に伝わってきました

たとえば

「 自分がする話で自分自身が救われ、
  自分の魂が成仏するようでなければ 」

という言葉です

“声聞”として全身を耳にして人の話を
聞くだけでなく、自分が話すときには
自分自分も“声聞”の一人になっています

自分自身が救われる内容である語りには
尋常でない覚悟が要るということです
沈黙を破り語るということはそれほどの
覚悟がなければならないということです

大変有り難い話を聞かせていただきました


今日12月8日といえば、
殆ど知られていないと思いますが、

成道会(じょうどうえ)

お釈迦様が悟りを開いたことを祝う日です

そういう訳で今日は少しおもむきを変えた
記事を載せてみました

合掌


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

上人の講義をもとに弟子の俊静尼が本にした

「『南無阿弥陀仏』にこめられた
  仏様の四十八の願いと約束」

と、また上人のもう一人の弟子静和尼が
丹精込めてつくられたリンゴジャムを
分けていただきました

この二つも、私は“声聞”の一人として
心と身体でじっくり味わい頂戴します


2014年12月04日

dca7fdc6.jpg一日一食の暮らしを始めて
はや一ヶ月が過ぎました

まだ生きています

まだ生きているどころか、体重が減り
カラダもココロもずっと軽くなりました

一日一食の暮らしとは言っても
ときには昼間にりんごやみかんを食べたり
友人との集まりでは一緒に飲食を楽しみ
臨機応変にゆるやかに暮らしを悦しんでいます


朝一番に飲む水が五臓六腑にしみわたるのを
感じているのは今までにない気分ですし
昼間にお腹がグーグー言いだすと
わが愛すべき友である胃腸たちが
ひと息ついておしゃべりを楽しんでいると
分かってこれもいい気分なのです

イライラすることも勿論ないし、それどころか
気持ちも落ち着いて物事に集中出来るし、
時間もゆったり流れていくように思えます

今振り返ってみれば、
信じて疑わない“当然”の生活習慣に
支配され過ぎてきたなと思いますし、
頭で考え頭で食べていたことを痛感します

飲み過ぎ食べ過ぎが激減したおかげで
気づかすに長い間痛めてきたカラダも
本来の元気を取り戻し、おかげで
ココロも今まで以上に元気になってきた、
そんな気がします

カラダの声に耳を傾けながら
カラダとココロが手をつないでいける
私の一日一食の暮らしはこれからも
長く続けていける確信が生まれてきました


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

“人の運は食にあり”と大悟して
“我れ衆人のために食を節す”と
一日に麦一合五勺、酒一合、
米のものは餅すら食さず、
副食は一汁一菜と食を慎んだ
江戸時代の観相家水野南北がいます

その南北の本が一日一食の暮らしを始めた
私の愛読書に加わりました

その中からの一節を引用しておきます


「 まことの陰徳とは、五穀が地にすたれても
  これを気にしないで、
 食もほどよいと思えば捨てること。
  そしてたとえ少しでも万物を粗末にしないで
  日々の徳を忘れないことが肝心だ。
  これがまことの陰徳である。
  陰徳を知らないものは
  一粒の五穀が捨ててあるのを見て、
  もったいないなどと言うくせに、
  美味だと一飯よけいに食べる。
  一粒を捨てるかなしみが、
 一飯のむだをしていることをしていることを
 知らないからだ。

     (中略)

 天は無禄の人間を生じないと言っている。
     (中略)

 一食を無駄にすることは、
 それがほんの少しであっても
 天命を損なう者である。
 大食するものは行きつく所、
 自分の命徳を損なう。」

 (『食は運命を左右する』水野南北 玉井禮一郎訳 89頁より )


2014年12月02日

a4521b8b.jpg
4c41d8bf.jpg
今頃の時期にハイビスカスの花が咲いた
という連絡が友人からありました

ハイビスカスと言えば真夏の燦々と輝く
太陽のもとに咲く夏の花だというのに
こんな時期に咲くとはどうしたのか
不思議ですが微笑ましくもあります

咲いた大輪の花弁のハイビスカスは
見ていて気持ちがいいものですね

ハイビスカスと言えば、昔訪れた
宮古島・伊良部島で初めて見かけた

風鈴仏桑花(フウリンブッソウゲ)

の花を懐かしく思い出します

地元では“チョウチンブッソウゲ”、
“パーマネントハイビスカス”、
“コーラルハイビスカス”とも呼ばれる
赤い風鈴のようなとても美しい花です

私にとっては忘れられない思い出の花です


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで

追記:

季節はずれのハイビスカスの開花を知って

“この凍てつく冬に、花を探しに出なさい”

という言葉に衝撃を受けた押田成人の
文章の一節を私は思い出します


「 この冬、ローマから杖を曳いて来た
  一人の修道女から便りが届いた。
  「 あなたの所でのすべての事が、
  単純さを物語っていました。しかし、
  わたしの心に最も深く刻まれたのは、
  その優しさでした。優しさは、
  その場所の日々の生活を覆う着物のようでした。
  あなたとお話した朝、小屋に引き籠って、
  ミサでのあなたの言葉を思いました。
  『この凍(い)てつく冬に、花を探しに出なさい。』
  そう、毎朝、目覚めれば、
  もっと凍りついた大地がそこに在り、
  木々は裸でした。そして夜の寒さは
  想像もしなかったものでした。
  新しい小径(こみち)へ歩み出よ、
  と言われているのでしょうか。
  人生の道行では、単純さと優しさを
  伴侶にしなければならない、
  ということは知っていました。
  そのようにして、未知なるものへ導かれる、
  ということも知ってはいました。
  私は思い煩っていましたが、
  決意すると起ち上り、寒風の中に出ました。
  歩き続けた結果、一つの出会いが起こりました。
  脆くて強い花を見ました。
  触れることが怖いと思いました。
  それに近づくには、私は、空虚に、
  裸になる必要を覚えました。
  その花の名は、赤貧。
  そのお生命(いのち)は解脱。
  ……そうです。そちらでは冬の朝、
  花に出会います。その花の美しさを
  ながめながら、かくれ給う方の不思議に触れます。……
  私は、この町ローマで、
  この花のお生命を生きねばならぬのです……」
  厳冬に、黙想の旅から帰って来たら、
  床の間に、一輪の花が、
  シャーレの水の中に置かれていた。
  疑いもなく花をつけたたんぽぽである。
  このたんぽぽを採取したひとに、
  「どこで?」ときいたら、
  この土地で大泉と呼ぶ湧水の傍の
  水溜りの水の中だったと言った。
  私には信じられぬことだった。
  毎日零下十度以下が続いていて、
  時には零下五十度になる。
  水位が変わるのであろうか。
  冷え込む間、水に守られ、
  太陽の光があたる頃に、水上に出るのであろうか。
  クリスマスと新年の挨拶の言葉に、私は、
  次のような言葉を書き送っていたのを思い出した。

  かむいなる(かくれている)
  淵の根に花
  凍てつく冬に
  帰り行き見ん 」

(『地下水の思想』押田成人 「冬の花」より 111~113頁 )