笑門来福

2014年11月20日

e6d0453f.jpg「 兄貴、今年もはや霜月二十日になり
  すぐに師走、正月になりやすね~ 」

「 そうさなあ
  物入りの年末年始もやってくるしな~ 」

「 あっしなんか、年末年始でなくたって
  財布の中は年がら年中ずっ~と氷河期で
  新年早々の初詣のお賽銭も情けねえが
  小銭しか出せねえんです 」

「 そうか、
  千円札、一万円札は出せねえのか?
  だがな、小銭の方が神さんはよ~く
  願い事を聞いてくれる塩梅になってる
  だから安心しろい 」

「 そうですか、兄貴、
  やっぱり神さんは貧乏人の味方って
  訳なんでやすかね~?」

「 いやなに、
  千円札、万札じゃ、“こうか”がねえんだ 」

「……」


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


2014年11月09日

8a4b726b.jpg
5a2d1069.jpg
「 髪は烏の濡れ羽色
  三国一の富士額
  眉は三夜の三日月眉毛
  鼻筋通って
  目元ぱっちり
  口元純情でおちょぼ口 」


毎月出かける落語会の帰り道に
会場近くにある公園を少しばかり
散歩するのが私の楽しみのひとつです

今回は紅(黄)葉した

南京櫨(ナンキンハゼ)

を見てあまりの美しさにしばし唖然として
しまいました

案内板には
「 櫨の木(ハゼノキ)の代わりに
  蝋(ろう)をとる材料として使われる 」

と説明書きがありましたが蝋など取れずとも
眺めているだけで惚れ惚れする紅葉です

今回の落語会のトリで入船亭扇好が
かけていた演題が「お若伊之助」

この噺に登場してくる評判の美人娘
お若の美しさもさることながら
紅葉樹のなかではナンキンハゼも
なかなかの美人ではなかろうかと
私は確信してしまいました!


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

「お若伊之助」は恋仲になった
若いお若と伊之助が仲を割かれ
まんまと伊之助に化けた狸がお若に。。。
という展開の噺です


2014年11月06日

345c410e.jpg再放送で視たNHK連続テレビ小説の

「ちりとてちん」(2007年)

がすっかり気に入った私はヒマを見つけては
DVDに収めた番組を最初から見直しては
何度も笑わせてもらっています

脚本家の藤本有紀さんは相当の落語通で
しかも落語の懐の深さを存分にテレビ小説に
取り入れて私達を笑わせそして泣かせてくれます


さて、
手持ち無沙汰な日が続いていたので
最近一挙に随分見なおして過ごしました

第47回目放送分で落語家に弟子入りした
主人公の和田喜代美の父正典が
彼女の兄弟子に若狭塗り箸を贈るときに、
正典の師匠でもあった祖父正太郎が喜代美に
残した言葉を紹介する場面があります

「 人間も箸と同(おんな)じや、
  研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけや、
  一生懸命生きてさえおったら、
  悩んだことも、落ち込んだことも、
  綺麗な模様になって出てくる、
  お前がなりたい者(もん)になれる 」

祖父正太郎役の故米倉斉加年が
なんとも味わい深い福井訛りで語る
このくだりは繰り返し出てきますが
私のお気入りの台詞でもあります

どんなに恥ずかしい失敗だったとしても
どんなにつまらい失敗だったとしても
経験したすべてが本人の受け止め方次第で
いつかは“綺麗な模様”になって
輝き出すという素朴で健康な考えに
共感を覚えるからであります


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


2014年10月29日

3edd4a55.jpg「女は三界に家なし」
「貞女は屏風に見(まみ)えず」
「 直(じか)に冠を被(かぶ)らず 」
「 おでんに靴を履かず 」


古今亭志ん生絶頂期の「風呂敷」(1955年)を
久しぶりに聴きなおしました

無駄の全くない台詞、練りに練られたクスグリ
飄々とした語り口、落語ってやっぱり
志ん生だよなあとほのぼのと笑い
登場人物の顔まで見えて最後は大笑いして
しまいました

志ん生はどのようにしてくすぐりを
考え出すのだろうかと私は気になります

いま、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」
が放映されていますが志ん生を真似て
私もひとつ作ってみました

「 杉樽はオークにおよばざるがごとし 」

ウィスキーは杉樽ではなくてオーク樽で
作ったものでなきゃという意味です

ああ、やっぱり私には難しすぎます


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

釈迦に説法ですが、志ん生がくすぐりに
使っていたもとのことわざは以下の通りです


「 女三界(さんがい)に家なし 」
「 貞女は両夫(りょうふ)に見(まみ)えず 」
「 李下(りか)に冠を正さず 」
「 瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず 」


2014年10月25日

86dbff72.jpg恋人同士なのでしょうか若い男女が
何やら深刻な話をしています

二人のこんなやりとりが聞こえてきました


「 私って、可愛くないよね~」

「 そんなことないよ! 」

「 ウソ、私、ちっとも可愛くないもん 」

「 お前、すごっく可愛いよ!」

「 ウソウソウソ、そんなのウソよ! 」

「 ウソじゃないさ、もしも世界中の人が
  お前が可愛くないと思っていても
  俺はお前が一番可愛いと思ってるよ! 」

「 私、その逆がいい~」


若手落語家が枕に使っていた小咄を
私なりに少し編集し直してみました

地味な内容ですが私は気に入りました

男性の思いやりと優しさが一方にあり、
他方には女性の本音と身勝手さがあって、
この微妙なズレがなんとも言えない
可笑しさを醸し出しています

若手落語家は本題では芥川竜之介の小説

『藪の中』

を現代風に姉弟の噺に書き換えて演じていました

姉と姉婿の家を訪問する弟と弟の恋人が
互いに交わす会話から構成されているのですが
ひとつひとつの会話、あるいは出来事が
どう意図されていたのか、それが
どのようにして正反対に曲解されて
不信不満をつのらせていくのかが
織り込まれていてシュールな笑いを
作り上げています

場面の切り替えや仕草など演じ方に
改善すべき点は沢山ありますが
若手には新作にもどんどん挑戦して
欲しいものです


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで