2014年12月05日

1443f332.jpg「 風さそふ
  花よりもなほ
  我はまた
  春の名残を
  いかにとやせん 」

     ( 浅野長矩 )


「 あら楽し
  思ひは晴るる
  身は捨つる
 浮き世の月に
  かかる雲なし 」

     ( 大石内蔵助良雄 )



世の中にアイデア商品は数多ありますが

「切腹最中」

という名前のちょっと物騒でドッキリする
和菓子があります

実物を見たらなるほど!

と納得してしまう最中です

アンコが最中に入りきれないほどあって
中から飛び出しているところから
こんな名称が出来たのかと知って
つい笑わされてしまうほどで愛嬌があっていい

甘いものがからっきしダメな私には
こんな大量のアンコは食べられませんが
甘いものに目のない人には
きっとたまらないに違いありません

今は昔、
お土産にと買い求めてお客様に差し上げて
とても喜んでいただいた記憶が蘇りました

実はこの愉快な最中を造っている
東京は港区新橋にある和菓子屋

「新正堂」(大正元年(1912年)創業)

は他にも面白い名称の和菓子を数々
考案して販売をしています

しかし私にとってはこの最中が
一番インパクトがあって忘れられません

甘いもの好きの方々は“自腹”を切って
一度食べてご覧になりませんか?


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字