2014年11月30日

947c0c50.jpg
4ceb8e06.jpg
「 己が身は
  水をも火をも
  いといなく
  救い上ぐるぞ
  御佛の慈悲 」

「 己が身を
  すり減らしてぞ
  人のため
  世のためつくす
  御佛の慈悲 」


鶴見総持寺の香積台の玄関に
対になって置かれている満面笑顔の
布袋さん大黒さんが私は好きです

お二人の木像の後ろには冒頭の歌があり
それぞれにしゃもじとすりこぎが
添えられていて歌の内容にもぴったり

自分のことだけで精いっぱいの暮らしに
流されがちな娑婆世界の私たちですが

己が身を投げ捨てすり減らし、人のため
水も火もいとわず救いあげる慈悲業に
没頭する布袋さん大黒さんの溢れる笑顔に
学びたいと常々私は願っています

人の苦しみを抜き、人に楽しみを与える
そのことが底抜けの笑いあるいは微笑みを
生み出すのだろうと思います

もっと踏み込んで言いかえてみると、
苦しみの真っ只中にある人であってこそ
人の苦しみを癒やし抜き去ることを通して
己が苦しみを超えていく奇跡が
起きていくのだろうと私は思っています

携帯電話の待ち受け画像に私が密かに
使っているのはこのことを忘れず
肝に銘じるためでもあります

「 苦しみも
  笑って笑って
  微笑んで 」
      (定張豚)


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字