2014年11月24日

ebf07c3c.jpg平成11年(1999年)以来15年ぶりの
千秋楽での優勝争いとなった大相撲九州場所、

白鵬が圧倒的な速さ強さで鶴竜を一蹴して、
大鵬がもつ幕内優勝32回の大記録に
43年ぶりでついに並び追いつきました!

涙を浮かべながら表彰式で

“15年前に62㌔だった小さい少年(白鵬)が
ここまでくるということは誰も想像しなかった
と思います。。。

この国の魂と相撲の神様が認めてくれたから。。。
天皇陛下に感謝したいと思います。。。”

と初めて長い挨拶をした白鵬には
深い思い、感慨があったのでしょう

まさに鬼の目にも涙、白鵬の目にも涙です

おめでとう白鵬!

本場所の展開は、
いつも通り白鵬の独走かと思っていたら
少し不安定だった序盤戦で横綱が
六日目に好調高安に敗れ鶴竜が十日まで
土つかず、横綱昇進四場所目の優勝なるかと
期待を持たせたが11日目に稀勢の里に
13日にも日馬富士に敗れ2敗
千秋楽で白鵬と本割で優勝をかけた
対戦となったが一枚も二枚も上手の白鵬の
速攻であっけなく勝負がついた

三賞は

○ 殊勲賞 高安 10勝5敗
白鵬と日馬富士を破っての二金星で大活躍
来場所はおそらく新三役、大暴れを期待したい!

○ 敢闘賞 栃ノ心 11勝4敗 、旭天鵬 10勝5敗
怪我で幕下まで落ちて地獄を見た栃ノ心が
故障前よりずっと強くなって戻ってきた!
40歳最年長力士旭天鵬の活躍とこぼれる
笑顔がいいなあ、最年長記録も伸ばして欲しい!

○ 技能賞 該当力士なし

あらためて、
大記録を達成した白鵬におめでとう!
これからも前人未到の記録に挑戦して欲しい

一年間楽しませてもらいました
力士の皆さん、まずはゆっくり休んで
益々精進をしてガチンコの取組で来年も
大相撲ファンを楽しませて下さい


最後になりますが立呼び出しとして
長く結びの一番の呼び出しを務めてきた
秀男さんの有終の美の場所にもなりました
46年間ご苦労様でした


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで

追記:

千秋楽の幕内上位陣の取組を少しだけ。。。

宝富士(8勝7敗)は隠岐の海(8勝7敗)を
破って勝ち越し、身体も太り強くなった!
来場所、新三役の可能性もありか

栃煌山(8勝7敗)は千代鳳(6勝9敗)に
勝って勝ち越し、来場所は三役に返り咲きか

新小結勢(6勝9敗)は魁聖(7勝8敗)に
敗れて来場所は平幕、自力はついたから
三役復帰目指して頑張って欲しい

照ノ富士(8勝7敗)が大相撲のすえ
新関脇逸ノ城(8勝7敗)を破った
逸ノ城以上に照ノ富士の将来が楽しみ!

碧山(8勝7敗)は豊ノ島(7勝8敗)を
破って関脇を守った

豪栄道(5勝10敗)は稀勢の里(11勝4敗)に
負けてカド番

日馬富士(11勝4敗)は横綱の意地で
琴奨菊(6勝9敗)を圧倒、大関はまたカド番

白鵬(14勝1敗)は厳しい攻めで
鶴竜(12勝3敗)を圧倒


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字