2014年11月19日

f396dae1.jpg「 凡そ此の凡夫の上人
蟻、螻、犬、鳥、田夫、野人に至るまで
皆是仏性を備え甚深の法を行ずる者也
 賤しみ思うべからず 」
         (明恵上人)



文化の日(11月3日)の前日NHKで放映された

「“奇想の絵巻”誕生のなぞ~鳥獣戯画~」

が面白かった

130年ぶり4年がかりで大修復された鳥獣戯画の
修復後の姿が紹介され、科学の眼で解明された
新発見や謎解きとともに解説されて興味深い番組でした

鳥獣戯画の作者は平安時代後期の
鳥羽僧正と言われてきましたが、実は
そうではなく無名の複数の絵師によって、
ただの戯れ絵として描かれたのではなかろうか
と番組では大胆な推理がなされていました

鳥羽僧正のようなプロの絵師ならば
決して選ばない質の悪い日用品の紙や、
再利用された紙に絵が描かれていたからです

今回初めて知りましたが、絵巻は甲巻、
乙巻、丙巻、丁巻の四巻からなり
全長44㍍もの長さになる大作でした!

甲巻には私たちになじみ深い兎や猿や蛙が、
乙巻には馬や牛、麒麟や象や龍が、
丙巻は別の絵師による動物や人間が、
最後の丁巻には老若男女様々の人々が登場します

この四巻の絵巻に共通するのは、ご存知のように
のびのびとした線と勢いある筆致で動物や
人間が描かれていること、しかも登場人物
(動物)が愉快な仕草や表情で今にも
絵巻から飛び出してきそうなくらい躍動感が
あってイキイキとしていることです

番組の最後はこの不思議な絵巻が何故
800年の長きに渡って守り継がれてきたのか
という謎にも迫っていました

京都栂尾の高山寺は明恵上人が開基の
寺ですが、所蔵の国宝でもある上人の肖像画

「明恵上人樹上坐禅図」

が持ち出され、その図中上人が大きく描かれず
まわりの自然が強調されていること、
また木像「子犬」をいつもそばに置いていた
人となりから、上人が人間だけでなく
何にも執われない自然、生きとし生けるものを
等しく大事にした上人であったことが語られます

この上人の遺志を継いで高山寺が
「鳥獣戯画」を本尊のように守り続けてきた
のではということなのです

これが真相だったのかどうかはさて置き、
名も知らぬ多くの人びとの尽力のお陰で
童心を蘇らせてくれる絵巻を現代の
私たちが見ることが出来るのは幸運です

いま京都で開催中の
「国宝鳥獣戯画と高山寺」展ですが
東京に来たときに観に行くのが今から楽しみです


今日も一日
みんな??
笑って
微笑んで

追記:

冒頭の文章は華厳の教えを弟子らに
語り教えたと言われる明恵上人の言葉です


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字