2014年08月30日

a40685e0.jpg今までの自分の暮らしを見なおして
これからの生き方を変えていこうと
模索している若者と話す機会がありました

本好きな彼は持っていた書籍を売り払い、
こだわっていた衣類を整理して売り払い、
部屋にあるものも最低限必要なものだけを残し

ものを持たない暮らし

を実践していこうとしているようです

最終的にはトランク一個に全てを納めきって
身軽に軽やかに生けたら理想的でいいなと
彼は考えているようです

さすがに冷蔵庫だけはまだ捨てられない
と笑っていましたが面白い試みだと
一緒になって会話を楽しみました

ラマナ・マハリシというインドの神人が
その生涯をふんどし一本と水差しと杖だけで
過ごしていたことを私はこれを書きながら
ふと思い出します

考えてみれば、私たちの肉体は全て借り物で
出来てるわけで、遅かれ早かれいつかは
大地にお返しする日がきます

それならば必要でないものはのっけから借りず
身軽に軽やかに生きていけたらこれほど
愉快なことはないかも知れません

興味深い若者の試行錯誤の進捗状況を
またしばらくして聞いてみたいと思っています


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字