2014年06月22日

97353345.jpg
e827a88f.jpg
「 安治佐為(あぢさゐ)の
  八重咲くごとく 弥(や)つ代にを
  いませ我が背子
  見つつ偲ばむ 」
     (20-4448)(橘諸兄(たちばなのもろえ))」

( あじさいが八重に色どりを変え新しく咲くように、
  いつまでも健やかでいてください、あなた
  この花を見るたびに私はあなたをお偲びいたします )



あじさいは万葉の時代からあった植物です

私たちが現在使っている「紫陽花」という漢字は
どうやら白居易が別の花を呼んだのが誤って
使われるようになったようです

今日は久しぶりに朝からしっとりと梅雨らしい
雨が降っています

庭のあじさいを室内にお招きして
今日は万葉人も眺めたあじさいとともに
雨読の一日とします


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字