2014年05月31日

2833afc2.jpg
8e8de39d.jpg
むかし読んだ伊丹十三の本に
こんな内容の文章があった記憶があります

幼い十三が野原ではじめて見かけた花に興奮し
まだ誰も知らない新発見の花だと大喜びで
家に戻って急いで図鑑をひろげて確かめた

というものです

この季節にぶらぶら散歩をしていると
華やかに咲く花、目立たずに咲く花、
大小さまざまの花を数多く見かけます

近づいて観察したり香りを嗅いだりしながら
うっとりとしていることができる時間ほど
我を忘れさせてくれる時は他にありません

華やかな花のそばには萎んで枯れて散っていく
準備を始めているものもあります
未来の花のため土に戻って養分となるのでしょう

うっとりするのは花だけではありません

自分の身のまわりを少し丁寧に眺めてみたら
名前も知らない美しい命の存在が数多あって
命(いのち)がいのちしながら輝いているのが
見えてきます

名前なんか知らなくても図鑑で調べなくても
造化の妙の前でため息をついて眺めるだけで
充分だということに気づかされます


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字