2013年05月27日

7869b016.jpg「 地表面の七割は水
  人体の七割も水
  われわれの最も深い感情も思想も
  水が感じ
  水が考えてゐるにちがひない 」
      ( 大岡信 )


ビルほど大きな豆腐はないと本で読んだ記憶があります(物理学の啓蒙書だったかなあ、それとも誰かの随筆だったかなあ)

昨晩冷や奴を肴に酒を飲んでいてふと思い出しました

目の前にある豆腐をじっくり眺めながら。。。

モノが大きくあるためには堅くなければならない、柔らかであるためには小さくなくてはならない

などとひとり考えていました

何か新しいものが生まれてくるのは大きく固い堅牢なところではなく、小さく柔らかでか脆弱にさえ見えるところから産まれてくるものなんだと、思いながら酒がすすみました

いい酒だったなあ



今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

蛇足:
豆腐の七割は水で出来ています

ということで今朝目覚めたとき冒頭の詩を思い出しました

大岡信は三島市出身

富士山の伏流水の美味い街です白隠禅師ゆかりの龍沢寺を訪ねたり、うなぎを食したり、ときどき足をのばす私の大好きな街です


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字