2013年02月28日

a4bee705.jpg「森は海の恋人」

三陸リアス式海岸の入江で牡蠣、帆立貝の養殖業を営む畠山重篤さんの言葉です大震災の津波から立ち直っておいでだろうかと少し気になります

先週、「食彩の王国」では牡蠣がテーマに取り上げられていました

六本木にあるオイスターバーでは世界中からのオイスターが揃えてあるそうです

大震災と津波の後、広島から牡蠣養殖の筏作りの応援団が駆けつけてくれ復興が進んだというエピソードも紹介されていました、心温まります畠山さんの牡蠣養殖も元気になっていますように

ところで畠山さんはリアス式海岸(“リアス”はスペイン語です!)のある本場スペインを訪ねてそこでも「森は海の恋人」そっくりの言葉があるのを知って驚いて紹介しています

「森は海のおふくろ」“El bosque es la mama del mar”(エル ボスケ エス ラ ママ デル マル)

森も海も別々のものでなく、かけがえない命の連鎖であることを気づかせくれる言葉ですよね

鮮度がいのちの牡蠣は零度以下で処理出荷されます、森と海の幸に漁師さんに感謝感謝


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで

は北海道 厚岸(あっけし)、三重県 的矢、兵庫県 赤穂の牡蠣


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字