2013年01月31日

3b8a7d98.jpg「上善(じょうぜん)は水の若(ごと)し。水は善(よ)く万物を利して而(しか)も争わず」(『老子』)


水の素晴らしさを老子は見事に表現していますが、さすがに水の物理的性質までは触れてはいません

そのひとつが固体密度が液体密度よりも低いこと(この性質を持つ物質は無数(ではないですが)ある物質の中でも数種類しか地球上で存在しないのです

もうひとつが4℃で密度が最大になることです(これは水にしかない奇跡的な性質

この不思議で奇跡としか思えない水の性質のおかげで海から生まれ進化してきた生命が海中で凍ってしまうことなく(何故なら氷は浮いてしまうから)、また海底で4℃という温度が保たれたから(何故なら4℃の水が一番重くいつも海底にあるから)生命が保たれてきて現在の私たちがあるのです

田舎者の私が、このあいだ街を歩いていて入店したことのない宝石店の看板を見つけて、ふとこんなことを思い出しました

科学や物理の難しいことは忘れても、私たちが不思議な奇跡によって生かされていることをたまには思い出しておきたい、と思って書いてみました



今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字