2012年01月28日

5aed895e.jpg電車のシルバーシートを遠くから眺めてお年寄り妊婦さん身体の不自由な方々に席を譲る人がどれくらいいるか観察をしてみることがあります

わたしの採点では私たちはまだ合格点には達していない気がします

それでも(シルバーシートでなくても)サッと立ち上がって席を譲る若者や席を譲られて丁寧なお辞儀と笑顔でかえすお年寄りに出会うと一日清々しい気分で過ごせます

だから親切はいいこと子どもたちにも私たちは親切を教えます


でも。。。


その親切にもひとつだけ困ったことがあります

親切の見返りを無意識に期待してしまうことです その証拠に席を譲ってもお礼も返さず笑顔を見せないお年寄りがいたら私たちはすぐに不機嫌になってしまいます

本当は席を譲る機会をもらったことだけを心から感謝するだけにしたら、それですべてがめでたしめでたしで完結するのに。。。それでみんながまるくまあ~るく幸せになるのに。。。



だから、私たちが親切をするときは、その親切をすぐその場で忘れてしまう智慧が必要になります三歩歩いたら忘れるニワトリの智恵から学ぶのです



今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字