2011年09月29日

5de86e06.jpg大関琴奨菊(福岡県柳川市)が正式に誕生しました おめでとう新大関

     

大関魁皇(福岡県直方市)引退後、ひと場所おいての日本人大関誕生、しかも福岡県出身の新大関というのが重ねてめでたい

     

ふるさと出身力士のお国自慢になってしまいましたが大関候補の鶴竜(モンゴル)幕内最高齢の旭天鵬(モンゴル)今場所大活躍の臥牙丸(グルジア)今場所は散々だった魁聖(ブラジル)らもしっかり声援してます

     

将来的には大相撲が日本の“ウィンブルドン”になって世界中の力持ちが相撲を通じて日本をよりよく理解してもらえる場になればいいなと私は思ってます

     

一年を締めくくる九州場所での新大関の益々の活躍を期待します加えて、来場所大関昇進を狙う稀勢の里、新三役確実の豊真将、今後に期待のかかる若手力士隠岐の海、北太樹、栃乃若らの躍進も大いに期待します

     



今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

大関昇進伝達式の口上で琴奨菊は宮本武蔵の『五輪書』から引用した「万里一空」を使ったそうです。口上というよりは世界中がひとつの空でつながっているイメージが伝わってきて秋晴れの空と琴奨菊の満面の笑みに似合っています


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字