2011年02月27日

文化放送のドコモ団塊倶楽部(2月26日)にナベサダさんが登場

温かい人柄溢れるナベサダさんの話しぶりについつい聴き入ってしまいました

温かさだけではなく言葉のはしばしに謙虚さがにじみ出ています

番組で流されていた「カリフォルニア・シャワー」も懐かしかった

一番感心したのがミュージシャンに大事なものは何ですかと聞かれて「人柄です」と迷いなくすっと答えが返ってきたことです

人柄が悪くても素晴らしい演奏が出来る人は(たくさん)いるけれど、自分は人柄のいい人との音楽を楽しみたいという話をされていたのがとても印象に残っています

若いときは一人で生きているつもりだったけれど、今はたくさんの人に助けられて生きているから 「どうもありがとう」が好きな言葉だとも。。。


そうだよなあ

ホンモノの中のホンモノとはこういう人のことを言うんだよなあ

とニセモノの私も心から納得



今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字