2014年12月20日

4774c74c.jpg2014年12月20日

東京駅は開業百周年を迎えました

今回、記念Suicaが発売されるということで
世の中は大騒ぎしているようですが
それよりも疑問だったことが氷解したのが
私にはとても嬉しいのであります

東京駅は辰野金吾が設計したものですが
丸の内駅舎ドーム天井は八角に造られ
八つの干支レリーフが施されています

ここで生じてくる疑問は施されなかった

子(ネズミ)、
卯(ウサギ)、
午(ウマ)、
酉(トリ)

の干支がどうなってしまったのか?
ということであります

どうやらこれは、
故郷であった佐賀県に辰野が設計した

武雄温泉楼門(佐賀県武雄市)に

そっくり四つの干支レリーフが
施されていたらしいのです

丸の内駅舎ドームの八角形と
武雄温泉楼門の四角形とで
上手く十二支が揃う計算になります

なるほど、面白い!面白い!

辰野が後世の人びとに遊び心で
謎かけとして仕掛けておいた
のかも知れませんね

めでたし!めでたし!

さあて、これから百年後の
東京駅開業二百周年記念日

2114年12月20日

はどんな日本になっているのでしょうか?


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで


2014年12月19日

ee64c59f.jpg日本酒と言えば

常温でよし、
冷やでよし、
燗でよし

食前酒によし、
食中酒によし、
食後酒によし

世界中で一番美味い酒は日本酒をおいてない

と勝手に信じているほど日本酒が好きです

最近は浴びるように飲むことはもう
なくなりましたが、それでもたまには
羽目を外してしこたま飲むこともあります

さて、
先日酒屋巡りをしていて

「日本酒味わいグラス」

なるものが売られているのを発見!
しかもワンコインでお釣りがくる値段です

ついに登場してきたかとグラスを見ながら
私は欣喜雀躍致しました

日本酒と言えば、杯、お猪口、ぐい飲み、
升、グラス、湯のみ、と様々な器に注いで
飲みますがワイングラスみたいな器は
残念ながら今までありませんでした

実は日本酒を常温で飲むときには
ワイングラスに注いで飲むと日本酒の
香りを一段と楽しみ味わうことが出来ます

ワイングラスが日本酒の芳醇な香りを
引き出してくれるのです
( 鼻がグラスに入って日本酒の香りを
しっかり味わえるからです )

しかし、せっかく日本酒を飲むのだから
ワイングラスではなくて日本酒用の
“ワイングラス”があって欲しいなと
思っていましたが、見つけたグラスは
まさにそれに使えるなと直感しました

興味のある方は
ワイングラスで日本酒を飲んでみたり、
日本酒味わいグラスをワンコインで
買い求めて日本酒を味わってみませんか?


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで


2014年12月18日

a1ac444f.jpg
59aac5d1.jpg
多摩美術大学美術館で開催中の

「祈りの道へ (四国遍路と土佐のほとけ)」
(四国霊場開創1200年記念)

を観てきました

最初から下世話な話で恐縮ですが
まず入場料が300円ととんでもなく安い
展示されている仏像はすべて目の前で
鑑賞でき、展示物も素晴らしいものばかり
これには驚き感心し主催者の方々には
まず最初にお礼を申し上げます

さて、
奈良、京都にある仏像とは違っていて
展示されていた仏像は土佐の人びとの
暮らしのそばにあったものだという印象を
強く覚えました

印象に残った仏像を二三あげてみると、
例えば、

ばらばらの状態で見つかり修復された
「木造大日如来坐像」(笹野大日堂)
の美しさには圧倒されてしまいます

明治時代に入り廃仏毀釈で壊されながら
棄てられるのをなんとかまぬがれた
「如来形坐像」(歓喜寺)
にも慈愛溢れる存在感があります
(壊れているいないは仏像の価値と関係なし)

腐食が進み手足も判別できないながら
丸くてツルツル輝いている
「金林寺古仏群」
には当時の人々の篤い願いや祈りを
今も彷彿させるものがあります

今回の展示会の主催者の一人である
青木淳氏の講演も興味深く聴きました

33歳のとき(今から15年前)に高知に
就職した仏像の腹蔵物研究家だった
青木さんは土佐で出会った仏像に
ショックを受け感動し、研究に没頭して
いくようになったそうです

二時間の講演の間も穏やかながら
秘められた熱い情熱が優しい人柄と
ユーモアとともに伝わってきました

地元の同年代の副住職らと毎晩のように
酒を飲み、語りあかし、修業ならぬ酒行に
専念した末に実現した展示会のおかげで
私も土佐の仏様と四国遍路が一気に
身近な存在となりました

ありがとうございます

合掌


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで

追記:

講演で印象に残った青木さんの言葉です

「 (文化)様式は人が(現地)に来て
  感銘して、それから繋がっていく。
  モノしか見ないのでは(文化様式)は
  決して伝わるものではない。
  「人から人にこそ文化は伝わるんだ」
  と私は土佐に学んだ気がします。 」