2014年12月29日

78a84a78.jpg「 飲めるだけ
  のめたるころの
  おでんかな 」
     (久保田万太郎)



何でも置いているコンビニに行けば
一年中おでんが買えます

でも、

おでんは寒い冬に食べるのが
やっぱり一番いいですね!

幼いころ母親が作ってくれた気が
しないでもありませんが、
私の本格的おでんデビューは
東大農学部そば本郷通りにある

「呑喜(のんき)」

でした

今は建て替えられすっかりきれいに
なったマンションの一階におさまって
しまいましたが、
昔の店は百年を越える歴史の深みを
感じさせる雰囲気がありました

目の前の大鍋のなかで泳ぐおでんを
見て楽しみ食べて楽しみそして締めに
茶飯を食したのが懐かしい
( 最近、ずっとご無沙汰しています )

それ以来あちこちのおでん屋に出没し
酒の肴に楽しんできました

ときどき通う居酒屋では、冬になると
おでん屋にでも商売変えしたのかと
間違えるほどの大きな鍋が備えられて
熱々ウマウマのおでんを供してくれます

おでんには気取りがないのもいいですね
裃(かみしも)を脱いで普段着で食べる
おでんの旨いこと旨いこと!

それでカラダもココロもぽっかぽかに
なるのだから神様仏様おでん様です

寄席に行くと円丈や小ゑんの
「ぐつぐつ」というおでん噺が聴けるのも
この寒い時期ならではでしょう
(ホロッと泣き笑い出来るいい噺!)

あらためて、
おでんとおでんを美味しく作ってくれる人に
感謝多謝であります


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで


2014年12月28日

02d91317.jpg「 おお 汝よ
  かく知るべし
  つつしみなきは
  あしきことなり
  むさぼりと
  不法(つみ)とをして
  ながく爾(なんじ)を
  くるしみに
  陥らしむるなかれ 」

     (『法句経』 248番 )



B級グルメの飲み助なら泣いて喜ぶ
激安の立飲み屋があってその店前に

「 立ち飲み放題始めました
  制限時間5分 お代250円 」

と書かれた看板が掲げられていました

酒が好きで好きで死ぬほど好きな人なら
制限時間が5分であろうが何杯でも
酒を飲むことができるかも知れませんが
本当に酒を味わえるのかは甚だ疑問です

“腹も身の内”

飲み放題だからと暴飲暴食をして身体を
壊したら元も子もありません

「 健康になるんだったら死んでもいい 」
( 飲めるんだったら死んでもいい )

というブラックユーモアは漫才の世界だけの
話にしておきたいものです

飲み食いに限らず世の中を見渡せば

「〇〇放題」

という宣伝文句、悪魔の誘惑が
ありとあらゆるところに溢れています

皆々様、くれぐれもご注意下さいませ


今日も一日
みんな?
笑って
微笑んで


2014年12月27日

82b5d11c.jpg
dbd5c47f.jpg
今年(2014年)最後の最後の忘年会

ということで友達と待ち合わせ予約もせず
目当ての店を訪ねたのが大失敗でした

最終日ということでどうしても行きたかった

「根岸家」

は常連さんで店はず~っと満員満席、
時間をずらして店に連絡してみたら
もうネタが切れて今年はおしまいです
と断られてしまいました

仕方なく
近くを歩いてまわってこれならいいかと

「居酒屋 木曽」

という店に入ってみたらここも全席予約済み
根岸家がだめならと目星をつけていた

蕎麦屋「喜楽庵」

での忘年会に変更しました
開店を待つしばしの間そばにある

「徳永肉酒場」

で焼き鳥と煮込みで時間をつぶし、
やっと蕎麦屋で落ち着くことが出来ました

どこにもあるごく普通の蕎麦屋ですが、
日本酒、焼酎に随分こだわりがあり
見たことも聞いたこともない銘柄も
いくつか置いてあります

今回は二軒目だったので熱燗だけでの“熱い”
忘年会となりましたが、次回来たときは
二代目店長の一番のおすすめ

麦焼酎「旭万年星」

も試してみようかと思っています

フロア担当の女性、男性、調理場にいた
先代の女将さんらしき人が愛嬌があり
対応もよくて気分よく飲んで食べられました

捨てる神あれば拾う神あり、結果的に
素晴らしい忘年会となりました

感謝!多謝!


今日も一日
みんな
笑って
微笑んで